アメリカの西部開拓時代をモチーフにしたアップデート「ロックリッジ~新大陸の開拓者~」を本日実施&D-listeのデータ対応開始[11月11日更新]

2017年11月07日

2017年11月7日(火)に、アップデート「ロックリッジ~新大陸の開拓者~」と「2017年11月MAP調整」が実施されました。

BaseLv130、160以上の育成におすすめ!10種のカードなど新アイテムも登場!「ロックリッジ」アップデート本日実装!(RO公式)
幅広いレベル帯の育成にピッタリ!「2017年11月のMAP調整」(RO公式)

11月7日に実施されたアップデート「ロックリッジ~新大陸の開拓者~」の概要は以下の通り。
○アップデート「ロックリッジ~新大陸の開拓者~」
舞台となるのは、交易会社「ピンクローズ社」が発見した未知の大陸「ロックリッジ」。
大陸には莫大な利益を生む鉱山があり、その利権を巡ってピンクローズ社は猛牛の姿をした先住民「タウラス族」と争っている。
問題を解決するため、冒険者は助っ人として大陸に招待されるのだが…。

本アップデートでは、BaseLv130以上で入場できるフィールド「キワワ砂漠」と、BaseLv160以上で入場できるダンジョン「ロックリッジ鉱山」「ロックリッジ地下街」が登場。
いずれもキャラクター育成に適したマップになっているほか、新モンスターからは10種類のカードなどを入手できる。

また、毎週チャレンジできるサブクエストもあり、報酬でもらえる「ロックリッジコイン」を使って新アイテムの入手ができるうえ、獲得した装備アイテムにエンチャントも行える。


次に、同じく本日実施された「2017年11月MAP調整」の概要は以下の通り。
■「2017年11月MAP調整」実施
MAP調整の対象となるマップは、「名もなき島 夜」「修道院 01~03」。
モンスター配置数の変更だけでなく、出現モンスターから得られる経験値も増えており、色々なレベル帯の冒険者を育成できる場となった。
また、「ヴェルナー研究所 C、D棟」は出現するモンスターの経験値を増加した。

さらに、修道院はマップの視点を少し拡大したほか、「修道院 02」の一部の行き止まりにワープリンクを追加し、マップ内を周回しやすくした。


詳細に関しては公式サイトやニュースサイトに掲載されているので、そちらをご覧下さいませ。

[参考]
「ラグナロクオンライン」アメリカの西部開拓時代をモチーフにしたアップデート「ロックリッジ~新大陸の開拓者~」を本日実施(ネトゲブックマーク)


また11月7日に、「ロックリッジ~新大陸の開拓者~」「2017年11月MAP調整」について、D-liste内のデータ追加・更新を開始しました。
現在のD-listeのデータ対応状況は以下の通りです。
○対応済
■新マップ追加(11月7日対応済)
・ロックリッジ
・キワワ砂漠01
・キワワ砂漠02
・ロックリッジ鉱山01
・ロックリッジ鉱山01 奥地
・ロックリッジ地下街
・ロックリッジ地下街 奥地

■「名もなき島 夜」「修道院 01~03」のモンスター配置変更対応(11月8日対応済)
■「名もなき島 夜」「修道院 01~03」出現モンスターのステータス変更対応(11月8日対応済)

■新武器追加(11月9日対応済)
■新防具追加(11月9日対応済)
■新アイテム追加(11月9日対応済)
■新カード追加(11月9日対応済)

■新モンスター追加(11月11日対応済)
■新モンスターの出現マップ(11月11日対応済)
■新モンスターのドロップアイテム追加(11月11日対応済)
■新マップの移動情報(11月11日対応済)(どのマップからどのマップへと行けるかの情報)
■新NPC追加(11月11日対応済)


また、変更漏れ、情報の入力間違い等ありましたら、「Twitter」(@d_liste宛かダイレクトメッセージ)からか、「メール」から情報をお寄せ頂けると助かります。

ご協力、よろしくお願い致します。